複雑に組まれたストーリーはガウディの未完傑作のよう。スタイリッシュなデザインの最前線にいながら原付に乗り、台湾唐揚げにがっつく姿はまさに台湾の若者たちそのもの。多様でかっこいい台湾を体感させる映画!

一青妙(エッセイスト・女優)

台湾デザインが熱い。欲望と虚栄を増幅するホテルのデザインの現場で、自分たちの感情や個性に素直に生きるデザイナーたちが繰り広げるラブストーリーは、理知的な表現の中に繊細で複雑な情動がにじみ出る台湾デザインそのもの!

藤崎圭一郎(東京藝術大学デザイン科教授/デザイン評論家)

台北は独特な場所です。世界でもこんなに猥雑でこんなに滅茶苦茶な場所は他にないと思います。人もまた同じで、皆 毎日ぶつかり合って何かを勝ち取ろうとしています。この映画を見れば、その台北の雰囲気をふんだんに感じられると 思います。

陳宏一(「台北セブンラブ」監督・脚本)

ントロダクション- Introduction -

場面写真

台北の“今”をスタイリッシュに描いた渾身作!

CM・MV監督としても知られ、現代台北を撮り続けるチェン・ホンイー監督による長編第三作目がとうとう日本上陸。デザイン事務所を舞台に、台北の若者の“今”と恋愛模様を生々しく描き出した本作は第51回金馬奨で最優秀新人賞と最優秀視覚効果賞にノミネートされ、第48回ワールドフェスト・ヒューストン国際映画祭で最優秀作品賞を受賞した。キャストには『目撃者 闇の中の瞳』のアン・シュー、『台北に舞う雪』のモー・ズーイー、『ブラインド・マッサージ』のホアン・ルー、『私の少女時代-OUR TIMES-』のダレン・ワン、『あの頃、君を追いかけた』のチウ・イェンシャンらが名を連ねている。

愛はデザインできるのか-

原題「相愛的七種設計」の直訳は「七種類の愛の形(デザイン)」となる。“設計”という中国語は“デザイン”と“罠 を仕掛ける”という意味を持ち、まさに男女 7 人が繰り広げる愛と駆け引きのストーリーは、観る者を意外な結末へと導く。一体誰が本当のことを言っているのか、誰がいつ何を仕掛けたのか。愛はデザインできるのか。劇中のデザインにまつわる人生訓のような言葉も観る者の心に迫る。監督が台湾のデザイナー達から協力を得て劇中に登場させた数々の洗練された小道具や美術品も見どころの一つだ。またそれを象徴するスタイリッシュな本ポスタービジュアルは、数々の賞を受賞し、台湾初の女性総統となった蔡英文の選挙キャンペーンのビジュアルデザインを手掛けたことでも有名な聶永真(アーロン・ニエ)がデザインし、台湾で話題を集めた。

トーリー
- Story -

2014年、台北市は<2016 年世界デザイン首都>に選ばれ、デザイン業界は沸き立っていた。
ドロシー(アン・シュー)はかつての恋人バーズ(モー・ズーイー)に誘われ、上海を離れ台北のデザイン事務所で働くことに。進行中のデザインホテルの改装プロジェクトに加わる。

ドロシーへの想いを断ち切れないバーズとクライアントのマークに迫られるが、フランスにいる元恋人を忘れられない。同僚は個性の強い人間ばかりだが、皆愛に飢えて いる。ホテルのデザインテーマは“愛”に決まるが、果たして無事“愛”はデザインできるのか。ドロシーが最終的に 手に入れるのは、誰の愛なのか。

告編
- Traler -

場面写真
場面写真
場面写真
場面写真
場面写真
場面写真

ャスト/タッフ
- Cast/Staff -

陳宏一(チェン・ホンイー)

督・脚本

陳宏一 (チェン・ホンイー)

1967 年、台湾出身。国立台湾大学哲学科卒業。 500本以上のテレビCMと300本以上のMVを手掛けるディレクター・映画監督。 〈長編映画〉

『花吃了那女孩 Candy Rain(原題)』 (08)

第45回金馬奨 最優秀スタイリスト賞受賞
第23回イタリア・レバンテ映画祭 最優秀撮影賞、最優秀編集賞受賞

『消失打看 Honey PuPu(原題)』(11)

第25回スイス・フリブール映画祭(FIFF) 審査員特別推薦賞受賞
第13回台北映画祭 最優秀監督賞、最優秀主演女優賞、最優秀撮影賞、最優秀音楽賞受賞

『台北セブンラブ』(14)

第48回ヒューストン国際映画祭 最優秀作品賞受賞
第51回金馬奨 最優秀新人賞、最優秀視覚効果賞ノミネート

『自畫像 The Last Painting(原題)』(17)

第10回スペイン・グラナダ国際映画祭 最優秀作品賞受賞
第2回ロサンゼルス華語映画祭 インディペンデント・スピリット賞受賞

許瑋甯/アン・シュー

ロシー

上海に勤めていたデザイナー。元カレのバーズに誘われ台北のデザイン事務所で働くことに。フランスにいる元カレが忘れられない。

許瑋甯 / アン・シュー

1984年、台湾出身。イタリア系アメリカ人と台湾人のハーフ。モデルとして人気を博し、ドラマ「イタズラなKiss~惡作劇之吻~」(05)などへの出演を経て、2014年に本作で金馬獎最優秀新人賞ノミネート。2015年に台湾で大ヒットした『紅衣小女孩(原題)』の主役に抜擢、2017年には同監督の『目撃者 闇の中の瞳』や『紅衣小女孩2(原題)』などに出演し、その後も多数の作品で活躍している。

莫子儀  / モー・ズーイー

子(バーズ)

元カノのドロシーを自身がマネージャーを務めるデザイン事務所に誘う。ドロシーにかなりの未練あり。

莫子儀 / モー・ズーイー

1981 年、台湾出身。 出演作:本作監督作『花吃了那女孩 Candy Rain(原題)』(08) 『台北に舞う雪』(09) 「台北ラブ・ストーリー~美しき過ち」 (12)など

黄璐  / ホアン・ルー

四川出身のシニアデザイナー。美人なドロシーを煙たがる。

黄璐 / ホアン・ルー

1983 年、中国出身。 出演作:カンヌ映画祭ノミネート作品『盲山(原題)』(07) 『ブラインド・マッサージ』(14)など

邱彥翔  / チウ・イェンシャン

ンドリュー

舞台となるデザイン事務所の所長。ドロシーにクライアントへの色仕掛けをけしかける。

邱彥翔 / チウ・イェンシャン

1973年、台湾出身。全聯福利中心(台湾のスーパーマーケット)のCMキャラクターを務め、台湾では全聯先生と呼ばれ親しまれている。出演作:『あの頃、君を追いかけた』(11)

白梓軒  / トム・プライス

ーク

自社ホテルのリノベプロジェクトのデザインを依頼した際、ドロシーに一目ぼれし、 落とそうと奮闘する。

白梓軒 / トム・プライス

香港・イギリスのハーフ。 モデル、映画俳優、DJ として活躍する。

王大陸  / ダレン・ワン

強(アーチャン)

事務所のジュニアデザイナー。同僚のチーズと曖昧な関係に。

王大陸 / ダレン・ワン

1991 年、台湾出身。 『私の少女時代-OUR TIMES-』( 15)で主役(徐太宇)を演じ人気を博す。

陳語安  / チェン・ユーアン

子(チーズ)

同僚のアーチャンと曖昧な関係に。妄想癖があるが、そのアイデアがホテルプ ロジェクトの要となる。

陳語安 / チェン・ユーアン

1992 年、台湾出身。 出演作: 『等一個人咖啡(原題)』(14)など

劇場情報
- Theater -

manako
地域 劇場名 上映日
宮城県

フォーラム仙台

上映終了
東京

アップリンク吉祥寺

上映終了

ユジク阿佐ヶ谷

7/13(土)〜
神奈川

あつぎの映画館kiki

上映終了
栃木

宇都宮ヒカリ座

8月24日(土)〜
名古屋

シネマスコーレ

8月24日(土)〜
大阪

第七藝術劇場

上映終了
京都

京都シネマ

上映終了
福岡

KBCシネマ

8月27日(火)